Submit Lyrics to wikilyrics


ZUTOMAYO – Stay Foolish Lyrics

Share

これは 二十歳じゃない

作業着 剥ぎ取っても

まだ お線香の匂い 床に寝そべってた

一丁前に回り回る 扇風機に嘆いてた

ふと 会えない人を 思い浮かべてた

急な矛盾が 飼い慣らせない

誰のせいって わけじゃない

色の濃い野菜ばっかり 湯掻いてた

鮮やかな仕草に 混ざりたいのに

声があるのに いつもどうして

言っとけばいいのに ばかじゃないのに

在り来りだろうけど

僕には 君を思い返す日々で過ごしていける?

もう居ないのに 惹かれ合うのに

一瞬の夏だったよ

ありがとう

僕に残ってる 引き摺る温もり

ずっと まだ目の前に

それは わたしじゃない

傷つけない さよなら を

靴に石入っても 歩き考えてた

先ばかり気にする君と 遅れをとるわたしと

ふと ぎこちない日々を 思い浮かべてた

この先どうする ね どうしよう わからない

君が溜息つく このやりとりに

安心できる 自分がいた

急な矛盾が 飼い慣らせない

何がきっかけとかじゃないけど

疲れてくことも 慣れていたと思う

それが始まりで 義務になったし

ゴールだったし ご飯できたよ

言っとけばいいのに ばかじゃないのに

在り来りだろうけど

僕には 君を思い返す日々で過ごしていける?

もう居ないのに 惹かれ合うのに

一瞬の夏だったよ

これ以上求めた贅沢な 悲しみは

何処へゆくの

君の普段着 畳む途端に

片付いた理屈の中で 吸って吐いて

だって大丈夫だって

終わりが近いと 仲良くなれたし

桃鉄勝って 君が寝落ちして

自分の好き<君の好き

が何よりも大事で

同じ気持ちって

気づいちゃダメみたいな

さよなら ばっか だよ

言っとけばいいのに ばかじゃないのに

在り来りだろうけど

僕には 君を思い返す日々で過ごしていける

もう居ないのに 惹かれ合うのに

VIEW:  Wizkid – Steady Lyrics

一瞬の夏だったよ

ありがとう

僕に残ってる 引き摺る温もり

ずっと まだ目の前に


Note: Please support wikilyrics by Sharing or dropping a comment here. Also, You can submit song lyrics, poem or anthem here and reach thousands of Audience!